遺品整理はいつするのが良い?

遺品整理の情報サプリ

遺品整理の画像
遺品整理、形見分けをするのはいつ頃が良いのかを考え、まとめています。目安としては四十九日の法要までに済ませると良いでしょう。
遺品整理はいつするのが良い?

身内が亡くなった後は、遺品整理を行わなければなりませんが、いつ頃行うのが一番良いのでしょう。

どういう風に遺品整理を進めていけば良いかをまとめています。

◎いつ行うのが良いか

遺品整理は故人が亡くなった後に行うのが普通です。

しかし、亡くなった後は葬儀などで忙しくするため、なかなか遺品整理を行う時間がないというのが実情です。

大事な家族を亡くしたら、遺族は悲しみに暮れてしまい、なかなか遺品と向き合うことができないものです。

少し時間が経って落ち着いてからと思っていても、故人が賃貸物件に住んでいたのなら早急に荷物を運び出して遺品整理を行った方が良いでしょう。

一戸建てや分譲マンションなどであれば、特に急いで遺品整理をする必要はないので、自分たちのペースでで行うようにしましょう。

◎形見分けとは何か

形見分けという言葉を聞いたことはないでしょうか。

形見分けとは、故人の私物を親族などで分けることを言います。

遺品整理をしていると、故人が大事に使っていたものや、まだ使えるものが出てくるので、そういったものは形見分けすると良いです。

故人の遺言があればその通りにし、なければ平等に分けるようにすれば揉めずに済みます。

形見分けする際に気をつけたい点について、参考記事ご紹介します。

>>遺品整理・形見分けの基本 [通夜・葬式・火葬の手順]

◎気持ちが整理できる時期とは

大切な身内が亡くなったら、誰もがショックですしすぐに立ち直るのは難しいものです。

しかしいつまでも放っておくわけにはいきませんので、目安として四十九日の法要までに遺品整理を済ませ、法要の日に形見分けをすればスムーズです。

四十九日の法要の時期だと、気持ちもある程度整理できているでしょうし、親族が集まるので形見分けに適しています。