遺品整理と不用品回収とは違う

遺品整理の情報サプリ

遺品整理の画像
遺品整理と不用品回収との違いについてまとめています。対応方法がそもそも違うので、費用は高めですが専門業者に依頼した方が安心です。
遺品整理と不用品回収とは違う

遺品整理業者が増えてきていますが、以前からある不用品回収業者とは違うのでしょうか。

不用品回収業者が、遺品整理もするというところが多いですが、作業の内容は同じと言えるのでしょうか。

遺品整理と不用品回収の違いを調べてみました。

◎遺品整理業者に依頼したら

遺品整理業者に、亡くなった身内の部屋の遺品整理を依頼したら、部屋にあるものすべてを「遺品」と考え、捨てるものと残すものとを仕分けるにしても、作業はすべて丁寧に行われます。

遺品によっては、供養もしてくれるサービスがあり、遺族も安心して任せることができるでしょう。

すべてをゴミとして片付けるのではなく、故人の思い出の品であろう物は供養してもらえると遺族も心が安らかになります。

◎不用品回収業者に依頼したら

不用品回収業者に部屋の片づけを依頼したら、部屋にあるものすべてを「ゴミ」として区別をします。

すべてを業者に任せてしまうと、故人の思い出の品であろうが何であろうが不用品として処分してしまいます。

「不用品を処分している」ので、当然荷物の扱いは雑になっていまいがちです。

この場合、故人の思い出の品や形見分けをしたいものは、遺族が先に仕分けしておかなければならないのです。

◎遺品整理の方が少々高め

遺品整理業者は不用品の仕分けから形見分け、供養するものとしないものというように細かく分別してくれますのでその分手間も時間もかかります。

そのため不用品回収業者よりも費用は少々高めになります。

《もしものために》安心して頼める業者を知っておこう…作業実績豊富な遺品整理ネクスト